サカナヘンのつく漢字

26 3月

最近、漢字の勉強をしていて、サカナヘンのつく漢字を覚えることにはまっています。
たとえば、勉強していてとても面白いと感じるものが、その漢字が魚の特徴を表しているようなところです。

例をあげると、鰯という有名な字は、魚に弱いがついています。
まさに、ほかの魚のえさとして大群をなしているイワシの様子を表しています。

鯱という字もその通りの意味です。

シャチは、まるで、海の虎です。
魚に虎、納得ですね。

どうしてそうなったかわからないような漢字もあります。
例えば、鰤、ぶりです。どうして魚に師なのでしょうか。

こうした漢字の由来を調べていくと、とても興味深い事がわかるのです。
昔の人たちが知恵を絞って考えた魚がつく漢字は、面白いですね。